新型コロナウイルス隔離期間について

新型コロナウイルスの隔離期間は、オミクロン株の感染状況が明らかになるにつれて、徐々に短縮されてきています(2022年9月8日現在)。

1 感染された方(PCRや抗原検査で感染が判明した方)

2022年9月7日に見直しが行われました。
発症(発熱や喉の痛み、咳、倦怠感などの症状が現れた日)から中7日間の隔離(発症日に7を足した翌日に解除)が求められています。検査で診断される前から症状があった方は、症状が出た日が隔離期間の起点となります。
それに加え、症状が消失してから24時間後までの隔離も必要とされます
ただし、10日間が経過するまでは感染のリスクが残っているとの考えから、高齢者や基礎疾患のある方との接触や会食等を避け、マスクの着用など自主的な感染予防対策が求められています。

無症状の方は検査を行った日から中7日間(検査日に7を足した翌日に解除)となります。
更に、5日目に検査キットで陰性が確認できた場合は6日目から隔離解除が可能です。

上記に加え、有症状の方が症状軽快後24時間経過した場合、または無症状の方は、マスク着用の上他者との接触を避ける条件下で外出、及び日用品の買い出しなどが可能となります。

2 濃厚接触の方

現在保健所から濃厚接触者の認定は同一世帯内に限って行われます。それ以外は陽性者から濃厚接触が疑われる方に直接連絡することで濃厚接触と認定されます。
感染者と閉鎖空間(車内など)で長時間過ごした方や、手の届く範囲で15分以上感染対策を取らずに接触した場合、感染者の気道分泌物や唾液などに接触した場合などがその例ですが、状況に応じてご判断頂く必要があります。

濃厚接触者となった場合の隔離期間は、最終接触日もしくは検査で陰性を確認した日から中5日間(最終接触日に5を足した翌日に解除)です。
ご家族が感染し、お部屋を分けられない(時間的空間的に隔離できない)場合は、感染された方の隔離期間が明けた日から5日間が隔離期間となります。

また、抗原検査キット(自費)で検査を行った場合は2日目3日目に陰性が確認できれば3日目に解除となります。

なお、いずれの場合も7日間が経過するまではご自身で検温を行い、高齢者やリスクのある方との接触を避けることが求められています。